コスメ薬機法管理者について知りたい!

ここでは「コスメ薬機法管理者」の資格取得や講座、試験についてまとめていきたいと思います。

現在、コスメ薬機法管理者の資格取得を目指して講座を受講中です。
実際に講座を受講してみて、そして試験を受けてみての感想や試験には受かったのか、
コスメ薬機法管理者の資格取得を取得することができたのかも含めて徐々に体験談も紹介していきます。

ちょっとお得なお知らせ

私は現在この「コスメ薬機法管理者」の資格取得を目指して勉強中なのですが
申し込み予定の方にお知らせした方がいいかなと思うことがあるので最初にお知らせします。

コチラのリンクから申し込むと5000円引きで講座が受けられます。

5000円引きは結構お得なので是非お使いくださいね。

ちなみに、私は通常の値段で申し込みをするところだったのですが
たまたま5000円引きになっている紹介ページを見つけたので5000円引きで申し込めました。

ただ、一度このページを見つけたのですが、その後見つけられなくて大分あちこち迷いました。。
なのでもし、コスメ薬機法管理者の資格取得を考えているという方がいらっしゃったら
当サイトのコチラのページを覚えておいてもらえればと思います。

さて、お知らせが先行してしまいました笑
それではコスメ薬機法管理者の資格について色々紹介していきたいと思います。

「コスメ薬機法管理者」とはどんな資格?

コスメ薬機法管理者は薬事法ドットコムによる民間資格です。
講座を受けて試験を受験し合格することで資格保有者となることができます。

薬事法ドットコムではコスメ薬機法管理者の他に薬機法管理者という資格もあります。
コスメ薬機法管理者単体で見るよりも薬機法管理者と比較してみた方が分かりやすいと思いますので
2つを比較してみたいと思います。

コスメ薬機法管理者と薬機法管理者の比較

**表にしていただければと思います**

コスメ薬機法管理者      薬機法管理者
(旧コスメ薬事法管理者)   (旧薬事法管理者)

主な内容: 化粧品関係に特化した薬機法を学ぶ  メインは健康食品中心。
                   化粧品一般、医療機器一般、美容機器一般、健康器具一般などの薬機法、機能性表示食品、景品表示法などを学ぶ

学習内容: 全5章            全14章

試験料(資格試験・登録講習料含む): 税込み20000円    税込み30000円

試験内容: 全3問(記述式)  全3問(記述式)

**表ここまで**

薬機法管理者の方が化粧品はもちろん美容、健康面などにおいて幅広くカバーしています。
一方、コスメ薬機法管理者は化粧品に特化した形になります。

ある意味、薬機法管理者の資格を取ればコスメ薬機法管理者の方までカバーできるのでは、
とも思いますがコスメ薬機法管理者は‘化粧品に特化’という部分でわかりやすいですし
化粧品は市場の中でも大きい上に人気のあるジャンルです。

化粧品に特化という部分で特に女性など化粧品が好きな方からは身近に感じられるでしょうし
資格勉強の範囲という中でも薬機法管理者よりは狭く勉強もしやすいのではないかと思います。

「化粧品に特化」という意味で差別化もしやすいので例えばライター業、広告業などにおいて
そのジャンルの知識を有しているというアピールにもなるかと思います。

コスメ薬機法管理者は民間資格

コスメ薬機法管理者の資格は民間資格になります。
「資格」というと国家資格と思われる方も少なくないかもしれません。
民間資格だと色々なものがあり、中には‘取ってもしょうがない’‘持っていても意味がない’
などと言われる資格などもあるのが現状です。

一方で民間資格の中にも「資格としての地位」みたいなものを確立しているものもありますし
公的資格として認められているもの、その職業につく条件として求人の際などに入っている資格もあります。

(英検やTOEIC、簿記、販売士、ネイリスト技能検定試験など)

民間資格だから役に立たない、国家資格だから役に立つということはありませんし
民間資格の中にも役に立つものとそうではないものとあると思います。

要はどういった職業についていてその資格をどう使うかという部分が大きいと思います。

コスメ薬機法管理者は正直なところただ持っていても意味はないと思います。
でも、化粧品・コスメ分野における、マーケティング、広告、商品製造・販売、ライターなどの仕事においては
持っていると便利というか活用できる場面は多いのではないかと思います。

‘資格保有者だから’というわけではなく、
‘資格として持てるレベルにその分野において知識があること’での活用・評価ですね。

ネット通販の増加につれ化粧品のネット通販もかなり増えています。
以前と比べて本当に種類豊富な化粧品、メーカーなどが増えています。

そういった現状の中では化粧品に特化したコスメ薬機法管理者という資格を持つことは
決して悪いことではないな、と感じています。

コスメ薬機法管理者の難易度は?独学での取得は難しい?

コスメ薬機法管理者の資格に限らず何かしらの資格を取る際に
独学でいくのかスクールや通信で勉強するのかという部分で迷う方もいらっしゃるかと思います。

難易度がそれほど高くなければ独学で取得できないかな?と思いますよね。

コスメ薬機法管理者の資格についてですが、
基本的には講座を受けることが前提の資格のようで
受験資格の欄には「薬事法有識者会議の認定する講座を修了していること」とあります。

つまりは現在のところ「薬事法ドットコム」の講座を修了している必要があるということになるかと思うので
コスメ薬機法管理者単体での試験を受けるということにはならないかと思います。

薬事法ドットコムのコスメ薬機法管理者の講座は通学ではなく
オンラインによるイーラーニング形式を取っています。

試験も同じようにオンライン上でのテストになります。

なのでネットのつながる場所なら自宅はもちろん好きな場所で勉強が出来ますので
(試験もですね)その点は非常に便利で勉強を進めやすいと思います。

試験は難しい?

オンラインで受験が出来るということで実は私は
「試験は選択式で割と楽なのではないか?」と思っていたのですが

試験は記述式の問題です。

専門性が問われる、と言いますか勉強してきた薬機法の内容が頭に入っていないと解けないと感じました。

元々、仕事などで薬機法関連に明るい方ならば簡単かもしれませんが
薬機法の事がほとんど分からない状態での受験は結構難しいなと私は感じました。

講座の内容自体も「コスメ薬機法管理者」だけならば‘量’という面ではそれほど多くないので
薬機法関連に明るい方ならば勉強時間も少なくて済むかと思います。

ただ、私のように薬事法関連のことが全くわからない状態となると
新しいことを一から覚えることになるので結構難しい部分もあるのかな、と思います。

資格を取得するまでの期間の目安は?

コスメ薬機法管理者の資格が取れるまでの期間はどのくらいでしょうか。

薬事法ドットコムのコスメ薬機法管理者講座のホームページによると

受講開始から資格取得まで最短だとどれくらいで可能ですか?
通常だと3ヶ月程度ですが個人差がありますので2週間程度で取得される方もいらっしゃいます。

とのことです。

https://ydc-edu.com/faq/ から引用。

コスメ薬機法管理者の講座で習う内容は現在のところコチラです

薬機法の化粧品とは
効能PRに関するルール
関心の高い効能キーワード
PR手法
ケーススタディ

量としては多いというわけではないので
まとまった勉強時間が取れて定期的に勉強ができたり
元々、化粧品や薬機法、広告関連の知識がある方ならば一か月程度でも取れるのではないかと思います。

仕事や家庭など忙しい方の場合や
薬事関連の知識がない方だと3,4か月程度かかるかな、という印象です。

実際、薬事の知識がなく親の介護や仕事を平行しながらの勉強ということもあり
私の場合はまだあまり進められていません。
(講座が終わった・資格が取得できたという場合はその旨また書いていきたいと思います)

オンラインで学習ができて、スキマ時間でも進められるというのがこの講座のいいところですが
急ぎで取得したいのならある程度集中して進めた方がいいと思います。

受講期間は一年間となっています。
※受講の延長も可能です。

まず、薬機法管理者の講座の修了試験があります。
それに受かると資格取得のための試験を受けることができます。

資格試験は記述式の内容になるので、内容を理解していないと難しいかなと思います。

コスメ薬機法管理者の資格、どんな人におすすめ?

コスメ薬機法管理者の資格ですが、どんな人に向いているのでしょう?

コスメ・美容が好きで資格が欲しい人
化粧品・美容関連の広告の仕事に携わっている人
美容系のウェブライターの人
コスメ類を多く紹介するインフルエンサーの人
化粧品系を紹介するアフィリエイターの人

個人的にはこういった方々に向いているのではないかなと思います。

近年、薬機法をはじめ景表法などが厳しくなっています。
でも化粧品や美容系の商品はすごく沢山ありますし新商品も発売になります。

広告を作るなどプロモーションをする際に薬事法関連や景表法のことが分かっていないと大変ですよね。
大手のメーカーさんなどは問題ないかもしれませんが、これから、というまだ小さい会社の場合、
こういった形で知識を持った人がいるといいのではないかな、と思います。

また、インスタグラマーやブロガーなどインフルエンサーの方々には
化粧品や美容系の案件が来ることもよくあると思います。
そういったときに薬機法の知識があると案件の紹介もしやすいのではないかと思います。

ウェブライターの方やアフィリエイターの方の場合も
美容やコスメ系の記事を書いたりサイトを作る際に便利ではないかと思います。

珍しい資格のため差別化ができるというのも魅力の一つだと思います。

そういった場面で持っていると役に立つ資格(知識)と言えると思います。

コスメ薬機法管理者講座のメリット・デメリット

コスメ薬機法管理者の資格を取った場合のメリット・デメリットをまとめてみました。

メリット

・珍しい資格であること

今のところ他にはない珍しい資格。差別化するという面での取得もアリだと思います。

・‘コスメ’の‘薬機法’に特化していること

かなりニッチな、ある意味ピンポイントな内容なので勉強もしやすく活用もしやすいと思います。

・オンラインで受講・試験が受けられること

受講はもちろん試験までオンラインでできるというのはかなり便利です。

・講座受講、取得に制限がないこと

年齢制限はもちろんオンラインで受けられるため住んでいる場所の制限も受けないのがいいですね。

デメリット

・持っていなければ何かできないという資格ではない

コスメ薬機法管理者は持っていなければできないということはありません。
そういう意味では持っていなくてもいい資格と言えるとは思います。

・メジャーな資格ではない

有名なメジャーな資格ではないので逆に珍しくていいかとも思うのですが知られていない資格ということでデメリットに感じる方もいるかと思います。

・試験を単体で受けることができない

現在のところ講座を受講したのちに資格試験ということになっています。
一般的な資格試験のように受かるかどうかはともかく試験だけを受けるということができません。

・資格取得後は更新制のため忘れずに更新する必要がある

一年で更新するタイプの資格のため忘れずに更新する必要があります。

メリットもデメリットもある資格だとは思います。
それは他の資格でもいえることなのでは、とも思います。
どう活用するのか、デメリットをメリットに変えていくのか、は認識次第かなと思います。

まとめ

ここでは実際にコスメ薬機法管理者の資格取得を目指して
薬事法ドットコムの講座を受講して試験に臨んでいる管理人の体験+コスメ薬機法管理者の資格の紹介をしてきました。

仕事や家庭の間の時間をぬっての勉強ということもあり、正直なところ現在あまり進んでいないのが現状です。
それでもオンラインで勉強できるため少しずつは進めています。

そんな状態ですが現状でわかる範囲で口コミを紹介してきました。

今後、講座の修了まで勉強が進むのか、修了試験には受かるのか、
最終的にコスメ薬機法管理者の資格は取得できるのか、などはまた後日更新予定です。

コスメ薬機法管理者の資格取得を考えている方、是非一緒に頑張りましょう!

講座料金が5000円引きになる申し込みページも紹介しています。
お得になるので是非こちらからの申し込みをおすすめしますよ。

タイトルとURLをコピーしました